連載文芸歴史

ターニングポイント

連載ファンタジーハイファンタジー

天下無双の武士、太平の世に居場所なし  ~剣極まりすぎて時空を斬り、異世界へ~

連載ファンタジーハイファンタジー

留年勇者 ~史上最強の天才! 大人の事情で留年する~

連載ファンタジーハイファンタジー

捨てられ勇者は帰宅中~隠しスキルで異世界を駆け抜ける~(旧題「勇者だが、勇者なんだが、勇者なんだけど…!」)

連載ファンタジーハイファンタジー

器用貧乏と呼ばれた落ちこぼれ、器用すぎるあまり『器用さ』を他の能力に振り分けられるようになる ありあまる器用さを筋力や魔力に変換して無双 やがて上級職のスキルと魔法が全て使えるようになり、無敵の存在に

連載ファンタジーハイファンタジー

鬼と歩む追憶の道。

連載ファンタジーハイファンタジー

貴族の三男で貴族位を継げなかったけど...気が付いたら大陸を統一してしまいました。

連載ファンタジーハイファンタジー

ヘタレの異世界無双 

連載ファンタジーハイファンタジー

ステータス開くだけの無能と追放された宮廷鑑定士【透視スキル】でダンジョン攻略。勇者候補鑑定?恋愛鑑定?そんなもんは知らん。スキル覚醒した俺はダンジョン最下層の女湯を透視したいんだ。